About us

ディアモロッコについて

ディアモロッコにお越しいただき誠にありがとうございます。

私たちのコンセプト

モロッコの魅力を「もの」に込めて
天然素材を大切に
手仕事の魅力を大切に
長く使える
暮らしの名脇役を作る

モロッコの魅力を「もの」に込めてお届けする

モロッコは、アフリカ大陸の最北端。スペインの真下にある国。
アラブ、アフリカ、ヨーロッパ文化の融合の地。
ディアモロッコの工房があるマラケシュも、そんなコスモポリタンな雰囲気が感じられる街。旧市街のカフェに座っていると、アラビア語、フランス語、英語、スペイン語が聞こえてきます。
カフェでかかっているアラブ音楽に混じって遠くから聞こえてくるのはアフリカの太鼓のリズム。お隣のスパイス屋さんからは、異国の香りが漂ってきます。

私たちがお届けするバブーシュにもそんな魅力がたっぷり詰まっています。

モロッコの職人さん
フレンチな色使いやデザイン
日本の正確さ。

「バブーシュ」と言う名前履物はたくさんあるけれど、料理と同じでちょっとしたバランス、ちょっとした工夫で出来上がりは千差万別です。

ナチュラルな素材にコスモポリタンなスパイスを少し利かせて、仕上がり美しく。

天然素材を大切に

バブーシュを作る上で一番大切なのは、素材である革。
良い革を大切に使うことです。
革は天然素材。
自然の恵み。
丁寧に、無駄がないように、大切に使いたいと考えています。
革の持つ質感を最大限に生かした水溶性染料のシリーズも、少しずつご紹介中です。

手仕事の魅力を大切に

ディアモロッコでご紹介している雑貨は、ハンドメイド。
たくさんの人の手を経て完成します。
モロッコ雑貨がブームになったときに、モロッコのバブーシュやマルシェバッグのデザインを、機械で作った商品を見かけることがありましたが、型で押したように同じ形、全く同じデザインで作られた雑貨たちは、私の目には全く魅力的に映りませんでした。

一枚一枚個性があるナチュラルな素材に、人の手がかかって作られた商品は、同じ品番であっても少しずつ異なる、いわば一点ものです。

例えばマルシェバッグの編み目の角度。
例えばバブーシュの刺繍の癖。
例えば途中から大胆に色が切り替わっているボシャラウィット・ラグ。

名無しの大量生産品ではなく、どこかの誰かの手で作られたものだということが感じられるところが、モロッコ雑貨の魅力です。

長く使えるものを作る

自然の恵みである天然素材を使い、人の手で一つ一つ作られたものですから、流行り廃れのあるカラーや、ワンシーズン使って飽きられてしまうものではなくできるだけ長くお使いいただけるものづくりをしたいと考えています。

せっかく上質の革を使っても、その上にすぐに壊れてしまう装飾をつけてしまうと、その商品の寿命は装飾が壊れるまで、ということになってしまいます。

ディアモロッコでは、デザイン性も追求しつつ、使い込めば使い込むほど味わいが出るものづくりを目指します。

暮らしの名脇役を作る

私たちがご紹介しているモロッコ雑貨は、(ラグは除き)大きなものではありません。ソファやダイニングテーブルのようなインテリアの主役になるものではありませんが、毎日使うもの。
いちいちその存在を考えないし、当たり前のように使っているけれど、実は存在が大きいもの。
切れ味の良い包丁。気持ちの良いまな板。
履き心地が良くてきれいな色のバブーシュ。
そんな暮らしの名脇役つくりを目指します。

2016年3月1日
ディアモロッコ株式会社
宮本 薫