商品紹介*ボシャラウィットラグ

→ボシャラウィットの商品一覧はこちら←
ボシャラウィットの「ボ」はアラビア語で「お父さん」
「シャラウィット」は、古いハギレのこと。
ハギレや古い毛糸を解いたものを使ったリサイクルラグをボシャラウィットと言います。

最近では、モロッコから国外に輸出されるラグの中で一番多いのはボシャラウィットではないかと思われるくらい、人気のラグですが、私がモロッコのラグを取り扱い始めた頃(2000年前後)は、ボシャラウィットをラグ屋さんで見かけることはありませんでした。
モロッコのラグは、農家のベルベル人女性が、家族の古着を集めて織り始めたものです。もともと、モロッコの田舎には遊牧生活を送る人が多く、家の羊の毛を紡ぎ、染色し、ラグを織るという文化が盛んでしたが、フランス保護領時代に定住化政策が進み、放牧生活を送るベルベル人の数が激減しました。

放牧をしない=ウールのラグを織るためには、ウールを市場から買ってこなければならないということで、家族が使うためのラグとしてのウールラグは贅沢品になり、替わって盛んになったのが、家族の古着を使ったボシャラウィットラグでした。

色柄はどんな風にデザインされるの?

ペルシャ絨毯などの緻密なラグにはデザイン画・設計図のようなものがあるそうですが、モロッコのボシャラウィットにはデザイン画はありません。
織り手の頭の中に浮かんだ自由なデザインが織り込まれます。

途中で色がガラッと変わっているもの。
最初からその予定だったのか、全面真っ赤に仕上げるはずだったのに、赤いハギレが終わってしまったので紫に変わったのかは・・・わかりません。
また、シンプルなボーダーや水玉、ミックス柄のものも多いですが、これらは比較的新しいもの。古いものの中には古着を使って見事にベルベルの伝統的な柄を表現したものもあります。
アメリカ発祥のパッチワークと同様、かなり凝ったものから、シンプルなものまでいろいろありますが、ディアモロッコでは、全体のバランスや雰囲気がいいものの中で、実用に適した状態のものをセレクトしています。

最近では、外国人に人気のため、販売目的で織られた新しいボシャラウィットも多いのですが、ボシャラウィットに限らず家族のために織られたラグの方がデザインが個性的で素敵なものが多いので、ディアモロッコでは基本的にユーズドのボシャラウィットを扱っています。

一枚を織るためにかかる日数

よく聞かれる質問ですが、実際にボシャラウィットを織っている農家の女性に聞いてみたところ、家事の合間に織るので、一枚にどれくらいの時間がかかったかはわからないということでした。
ミックス柄よりも、凝った模様の方が時間がかかりそうです。
ちなみに、収穫期やオリーブオイルを搾る時期、真夏などは織らないそう。
時間がある時に、のんびりゆっくり自由に織られるボシャラウィット。素敵ですね。


 

リサイクル&アップサイクル

“アップサイクル”という言葉をご存知ですか? “リサイクル”は古いものを単に再利用する事ですが、アップサイクルは古いものを使ってオリジナルの上を行く、更に魅力的なものをクリエイトするという考え方です。
考えてみたら、古布、古い木、様々なふるい素材は、新しいものよりも上質だったり、時間を経ていい色になっていたり、柔らかさを増していたり、新しいものよりも魅力的な事が多いです。
それらの素材を使って、今の暮らしに合う更に魅力的なものを作ってしまおうと言うのがアップサイクル。 モロッコでは昔から古いものを再利用するのが得意です。古タイヤを使ったバケツ、再利用の缶詰を使った額縁など色々ありますが、私が個人的に一番魅力的だと思うのがボシャラウィットラグ。 一枚一枚異なるラグをじっくり見ていると、ラグごとに織り手家族の好みや生活が想像でき、この人は水玉が好きなのだなあとか、キラキラ派手な色合いが多いから若い女性が多い家族なのかなあなど、想像が膨らみます。

お家で洗えます

一般的な手織りラグは、お洗濯が難しいことが多いのですが、ボシャラウィットの素材は古着。すでに洗濯を繰り返しているので、これ以上色落ちしたり、縮んだりすることがありません。
干す場所さえあれば、お家のバスタブなどで押し洗いしていただけます。
お風呂のお湯程度かもう少しぬるいお湯に普通の洗剤を混ぜ、裸足で押し洗いするだけ。
普段のお手入れとしては、干して叩いていただくだけで大丈夫ですが、お子さんやペットがいらっしゃる場合は、お家で洗えるかどうかは重要なポイントです。干す時に、歪まないようにお布団を干すようにまっすぐに垂らすか、駐車場などのスペースに広げて干してください。


 

ボシャラウィットを使ったインテリア

dear Morocco さんの Pinterest ボード「RUG // BOUCHEROUITE」をフォローしましょう。

海外の雑誌掲載写真などを中心に、ボシャラウィットラグを使った写真をたくさん集めました。 やはり、カラフルなボシャラウィットは白っぽいインテリアによく似合いますね。

2 comments on “商品紹介*ボシャラウィットラグ”

  1. 土方 美加 より:

    はじめまして。
    ボシャラウィットのラグが素敵なので購入を考えています。
    1~2週間前に見ていた時にラグのセールになっていましたが、次回はいつ頃の予定ですか?
    それから新しい柄は今後増えるかを知りたいのと、
    送料はモロッコからになりますか?
    色々お聞きしてしまい申し訳まりません。
    よろしくお願いします。

    1. Kaori Miyamoto より:

      ご返信が遅くなりまして申し訳ございません。
      残念ながらセールは終了いたしましたが、新柄を多数入荷しましたのでよろしければご覧ください。
      送料、関税などの諸費用は商品代金に含まれています。
      商品詳細などについてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

Kaori Miyamoto にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA